忍者ブログ
元:電脳インストーラーが書く日記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お客様とお客様のクッション材 野村です。

今日はエボとバイクの日

朝、仕事はじめから飛ばしてました☆

まずトライアンフ・デイトナ入庫

P1020300.JPG







メンテナンスとトラップの追加作業をしていると・・・

P1020299.JPG







渋いナイスガイなお二人のご来店
ウルトラ2台って滅多に見れんよなぁ、渋かった

その後、エボ6がメンテナンスで入庫
バックアップサイレンの交換とショックセンサーの調整

そして車について語り続けていると・・・

P1020301.JPG







いいね~♪新型T-MAX
すでにマフラーとかカーボンパーツが装着済み
今後が楽しみな1台です。

って事は!もちろん我らがAPC号の登場♪

P1020302.JPG







相変わらず黒いです。
そして今回、また進化します。
って事で板金塗装にAPCの秘密工場へGo!!!

そうこうしていると明日からの作業ご予約で

超レアなエボ・ワゴンご入庫

エボワゴン、実はセディアベースではなくアンダーはリアルにエボらしい
やるじゃん、三菱!

やっぱりこういった異種・異形の車やバイクが集まる場は楽しい。

今日は、あとグースの外装組み付けで仕事終了!
最後までぶっ飛ばして行きますよ!

って事で交わるAPCの現場から野村が中継致しました。
それではまたっ☆
PR
日産贔屓! 野村です。

国産メーカーで今、最も好きなメーカーが日産

僕はかれこれトヨタ贔屓が長かった。

でも、今の車づくりを考えるとどうしても日産に目がいく。

輸入車で言うとMBZ・BMW・AUDI・VWすべて良い。

ドイツ車と国産車の違い

それは主力メーカーの方向性による色付けだと思う。

例えばBMWは相変わらずFRに拘りスポーツ志向+高級チャンネル
AUDI・VWになるとFFベースでクワトロにDSG+高級・大衆チャンネル
MBZは高級志向でかつ優雅さを併せ持つ

一方、国内メーカーはブランドの色がはっきりしない。
唯一、方向性を固めていた?スバルは残念な事にエクシーガ投入で
色が薄れてしまった。
スバルがミニバンテイストのある車を出すという事は
ドイツで言う、AUDIがミニバン出すようなもの
ナンセンスだ・・・

その点、AUDIの最大の長所であるVWとの差別化
これはマジ、合理的で共に共存しブランドを確立している点で凄いと思う。

そして話戻って日産

日産はトヨタと同じ土俵で唯一闘っている全方向に対応したメーカー

今はまだ、トヨタの下取り価格に圧され気味だけど一度、車を見て欲しい。
無難なトヨタ・攻めの日産

この時代に乗用車向けのパワーディーゼル出せるのは日産だけ
そんな日産に後追いしてきた予想外のメーカーがある。

いや、確かにDエンジンに拘りを持つドイツらしい。
けれどはやり異色

それがこの車両

img4_20090220_10372088_4_l.jpg






ディーゼルエンジンで V6

img4_20090220_10372088_3_l.jpg






相も変わらず、機能性重視なデザイン

img4_20090220_10372088_1_l.jpg






そして確立されたポルシェのSUVライン

売れるでしょう。
これは

とても売れそうです。
これで金額が700マン円を切れば爆発的なヒット商品になる。

日産にはZやGT-Rがある。
他の車種もかなり魅力が高い
ソレに加え売りにしているCVTの技術が伸びれば言う事無い

コレから日産、伸びそうです。
これから車が売れるにはファン・ドライブになると思う。

頑張れ日本の自動車産業

良く解らないブログになったけど今日はこの辺で
それではまたっ
税務署へ行ってみた 野村です。

今の時期、確定申告の為に税務署は大忙し
それにしても税務署の「偉いさんオーラ」だしたおっさん。

僕が会釈して「寒い中お疲れさんです」って言ってるのに
「はいはい。あっちに続いて」
って超ダルそうな上に超偉そうなんだけど・・・

コレで僕が高額納税者なら怒るで多分w

それに引き換え相談窓口の人の謙虚な事、謙虚な事

ものすごく解りやすくて、こんなええ人見た事無い!ってぐらい親切でした。
僕も負けずに親切で丁寧に解りやすく説明できるように頑張ろう。

今まで出納だけして後は税理士に任せっぱなしだったけど
なんだか分かりやすく説明してくれたおかげでかなりスムーズにできそうな気がする。

自分でやってみると意外と楽かもね。

これでモグリの代行業ができそうな気がする。
しないけど(笑

さてさて、代行って言うと昨日までの話に遡る。

火曜日から水曜日にかけて

倉敷のテックさんにてPANTHERAの施工
納車後、急いで福崎の日産へ

現地で定休日にもかかわらず僕を待ってくれている人がいた。

車の修理でヘッドライニングやダッシュボードを交換したらしく
PANTHERAが正常に動くか見て欲しいとディーラー様からの依頼
そこで今後の車関係の職についての込み入った話をする事、小一時間

腕のある業者でも安売りできず無くなっていくと話され
頭を下げる場面もあったが、今の日産車の構造や他メーカーに比べ
ここが「素晴らしい」って意見を淡々と話してきた。

お互い、頑張りましょう。
自動車業界を底上げする為に僕はこれからも闘いますから!

そう告げて帰路へ

その途中、休憩に寄ったP.A.で面白いトラックを見た。

「東京都への搬入代行」

へ~っ、そんなんあるんや
じゃあ大阪もそうだな。

そう思うと商いが見えた。
倉庫業してる人は適合トラック用意して
そのまま自社で大阪や東京の乗り入れ搬入代行すればええやん。

頭いい人はいろんなこと考えますね。

僕も無い知恵絞って考えていきましょう。

と、いった所で今日はおしまい
長い事家を空けていたから早めに帰って子供に会おう♪

それではまたっ
これって加工で使えそう 野村です。

現ムラーノの純正デイライト

良く見るとこれってバンパー埋め込みできるやん♪
と思ってしまいました。

今日納車のムラーノから画像拝借して載せてみます。

P1020297.JPG







この形状ならバンパー加工で綺麗に付きそうな感じがする。
あとはお値段・・・

結構な金額しますから思い切っていくか、思いとどまるか…

誰かやりませんか?

部品と板金塗装で13万くらいならできそうな気がします。

で、「ちょっと高いぞっ!」ってあなた!

こんなのあります。

1722_1.jpg







in pro LEDデイタイムランニングライト

思いっきり加工用

あ~欲しいなぁ~

物欲と闘っている個人的な内容のブログでスイマセン(汗

皆さんも愛車の顔にいかがでしょう?
それではまたっ
今日はテッペン越えな 野村です。

只今、現行ムラーノの真っ最中のノムーラです。

と軽くブログを書いていますが
相変わらず気合い入れて施工しています。

今日は来客多数でバタバタと忙しくお仕事致しておりました。
そして新型車って事でAPCでは初の現行ムラーノ

データの作成から始まった事もありようやく今日やるべき個所までの施工が終わりました。

まず驚いた点はデイライトのオプション付き車
ムッチャええ感じ

僕の中で今までデイタイムランニングがお気に入りで
自分の車はいつも自作していましたが・・・
オプションで渋いのが付いてしまうこの時代

やっぱいいですね。 ムラーノ

なんか先代FXの良いところを上手く取り入れている感じがします。

P1020296.JPG







データ取り後、下準備完成時の写真

明日は本体とハーネスを組んでインストールが始まります。

ってかこの車種、結構な時間を要する事が判明

通常ある位置にBCMユニットが無い!
でも最近の日産には必ずある

と思い探してみると意外な場所にありました。
(BCMとはウインカーやドアトリガーの一部、ドアロックのラインが集まった集中ユニット)

で、BCM設置場所にアクセスしながらIGをONにする訳にはいかず
少々手こずりました(汗

おかげで余分にトラップしかけたり
イモビ強化したりと楽しませて頂きましたよ。

相変わらず、[元祖のむらあきお商店]満開のインストールになります。

で、やってて思うのは・・・

「時間かけ過ぎやなぁ~」

でも、こうすれば鉄壁と解っていたらやりたくなるのが職人魂

いいんすよ。

自己満足でも

最後にお客様に喜んで頂けるなら
この時間が生きるんです。

明日も頑張ろう♪
全てのお客様の為に!

それにしても最近の日産はカッコイイ!

それではまたっ!
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/18 おkb]
[09/30 林]
[12/03 白のR34GTR]
[09/17 野村]
[09/17 双子の兄]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Nomura
HP:
性別:
男性
職業:
エンジニア
趣味:
車・バイク
自己紹介:
どーもっ、APCの野村です。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
忍者ブログ [PR]