忍者ブログ
元:電脳インストーラーが書く日記
[325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

良い物は良い 野村です。

今日は大きな作業が無く(涙)
チョット真面目にブログを書いてみます。
(皆さん!仕事下さい♪)


2008年から不況と言われている事実
発端はサブプライムやリーマンショック

その辺は経済担当の人に任せておいて・・・僕は・・・

BIG3と言われたアメリカの自動車メーカー
そして自動車産業、車好きたちのお話から

Co2をぶちまけてきたアメリカ

まず初めにコレを見て欲しい。



解りやすくアメリカ+車といえばこんなイメージ

なんしパワー!Gボディーくらいの車をデッカイエンジンで速く走らせる。

フルサイズと呼ばれる車もそう
3トンほどの車重のSUVやバン、トラックベースでもエンジンがデカイから良く走る。

これがローカルの人からすると普通で日本人も憧れてアメ車が好きな人も多いと思う。

APCでリメイクしたC126も当時のアメ車をフューチャーしたような高級車
アイアンバンパーに重厚なデカイボディー、そして気持ちがいいほど唸るV8エンジン

ここでチョット、C126の画像をアップ!

P1020211.JPG
どうですか?
かなり僕好みにさせて頂きました。
紺色の内装に
シルバーグレイのパネル
エクセーヌ生地のヘッドライニング
詳しくは弊社ページのギャラリーへ


時代が変わっても良い物は良い

それは車好きにとって皆、同じだと思う。

でも今、アメリカの自動車産業が悪化した理由は・・・
それはインターネットにより変動が大きくなった先物に分類される石油と
昔からの考えを変えなかった車両生産につながると思っている。

確かに大排気量の車、ましてやエンジン造りは日本より長けている。
資源が豊富なアメリカと戦後の資源不足だった日本

自動車の製造にも関係してきている。

1950年代に遡ると日本は360cc~2600ccが主流の時代
アメリカは・・・(笑

僕が一時、コツコツ治して乗っていたプリンス・グロリアも
高速道路でオーバードライブに入れると無鉛ガソリンでリッター辺り9キロほど走った。

これには正直、僕も驚いた。

昭和38年の車なのになんでこんなに燃費がいいのか???

時は過ぎて贅沢な時代に・・・
トヨタが一般大衆向けに作った初の1UZ型V8エンジンを積んだ13系クラウンは
市街地の燃費が3~4だった。

それが80年後半~90年代前半の自動車
今預かっているC126もその頃の車

メルセデス・ベンツはさらに93年に巨大なW140というさらに燃費の悪い車を世に出している。
そこにきてヨーロッパでの不況でFUN to Co2の時代のピークとなった。

現在になると・・・
息の長かったトヨタのUZ系エンジンもトヨタからLEXUSになった今
残っているのはランクルとタンドラに搭載されている2UZのみとなっている。

2リッタークラスの自動車も同じく・・・
僕が今も持っている日産ラシーン(SRエンジン)は市街地の平均燃費がリッター6キロほど
今の日産ウイングロードは同排気量で10キロ以上走る
単純に考えて燃費は2倍になった。

日本はもちろん
ヨーロッパの自動車メーカーも低燃費に力を入れクリーンディーゼルやハイブリッドを
どんどん出してきた。

しかしアメリカは一昔前にSUVが沢山売れた事で方針を変えなかった。
そこにきて燃料の高騰

思い出してほしい。
少し前、日本のガソリン代はレギュラーが170円台になっていた。
芦屋のガソリンスタンドではピーク時、ハイオクだと200円台の店もあった。
その頃「ガソリンが2倍近くなってて・・・」とお客さんと話をしていたが
皆さんはご存知でしょうか???
アメリカは2倍どころか5倍になっていました。

そんな国でバカ売れしたのはトヨタ・プリウス
バックオーダーが続き、国内の生産だけでは追い付かず現地での生産も始めたらしい。

完全に燃費重視の車選び

それで旧思考に基づき造られた車の販売台数が減ってしまった訳です。
先を読んだトヨタにまんまとやられてしまった・・・

では、トヨタがどうして売れないのか?

世界的に経済は好ましくない事も確かである。
でもそれはごく一部

販売台数は多少減った所でそれでもある程度売れるはず・・・
いや、売ってはいけない状況になっている。

アメリカ人の好きなトヨタ車、カムリは現地価格がおよそ$24000
過去のドル計算(120円/$1)では288万円相当の車両だった
今日の為替(90円/$1)だと216万円になってしまう。

また直にUS$が回復するなら「問題ない」がしばらくはこれが続く見通し
そうなると現地で生産して回している分は良い物の国内生産に至っては大打撃となる。

でも、こうなる事は予測されていた事態
運よく旧首相が作った派遣の形
それに便乗した日本の企業があった

各自動車メーカーもしかりで非人道的なシステムが出来上がってしまった。
これが最近、メディアで報道されている自動車産業の不況に繋がると僕は推測している。

もちろん、家電メーカーも同じく・・・ただ、家電メーカーで国内にて製造されている物は
驚くほど少ない。
まぁ、この話はまたいつか

結果的に自動車産業は自動車大国アメリカに振り回されてしまった形になってしまった。

そこにきて伸びているメーカーがある。

ドイツのVWだ。

名前の通り国民車を地で行くこのメーカーは早くから低燃費・低排出・低コストの車作りをしてきた。

このままではトヨタを抜く勢いもある。

品質やデザインでは日産自動車に分があり自動車メーカーと言うよりは家電メーカー的な
物作りをしているトヨタはますます窮地に追い込まれてしまった。

僕らの親が若かった頃

「品質の日産、営業のトヨタ」と言う言葉があったらしい。

そこにきて今では「自動車の日産、電気のトヨタ」になっていると思う。

そうかと思えば、国内の2008年登録台数ランキングで1位になったのが
ホンダ・フィット

ハイブリッド車も「市街地を走るならプリウス、高速を走るならシビック」っと
ホンダの力も伸びている。

さらに昨年のランキング(国内)を見ているとスバル・フォレスターも上位に上がり
今後の自動車業界から目が離せない。

このままだと僕のブログでトヨタの面目丸潰れになってしまうのでチョット上げときます。
巨艦と言われるヴェルファイア、この造りは最も今のトヨタを象徴している。
何より車と言うよりは超快適な移動空間であり加速も滑らか
大型車が売れない今でもこの車だけは売れている。
確かに僕も作業をしていて素晴らしいと良く思う。
そこらのリムジンより快適な空間、良い加速、良質なインテリア
売れる理由も良く解ります。家族思いの動く部屋って感じ

海外に目をやるとランドクルーザーが200系に進化してからカナリ売れているらしい。
月平均、28.500台も販売しているそうだ。

確かに唯我独尊のランドクルーザー
トヨタ関係者は「世界中には・・・(中略)ランクルでないと生活できない人たちが存在する。」
そこまで言い切っている。

所変われば自動車産業の不況などなく
今、国産・輸入問わず自動車を買い替えるチャンスが来たと考えざるを得ない。

それにしても・・・新型Zはカッコイイ♪

今、まだ僕が結婚をしていなかったら・・・
間違いなく無理してでも買ってることでしょう。
コレ読んで頂いた独身男性! いっとけ!(笑

そう言えばV-SPECがでますね。GT-Rに!
名前が前後入れ替わってSpecVとなるそうです。
お値段なんと1.575万円!
これはさすがに ・ ・ ・(汗

今の日産、超ヤバいです!

どうですか?

この所の自動車達、目が離せないと思いませんか?
考えているだけで楽しくてしょうがない野村でした。

最後まで読んで頂いた皆様にオマケでアメリカ人ってオモローと思う動画を貼りつけときます。
それではまたっ!




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
勉強してるね~!
MILNK 2009/01/09(Fri)21:44:58 編集
MILNKさんへ
好きな事だから嫌でもデータ見てしまうし
自然に頭へ入っちゃうんです(汗
他の事は何も頭に入ってないから困ってますw
野村 2009/01/10(Sat)20:24:18 編集
無題
今年もよろしくお願いします。ランクル200国外では売れてるみたいですね。日本でもサンルーフ、5700エンジン積んでくれれば欲しいです。4700、サンルーフなしじゃUS仕様できないですからね~
ベルカンプ 2009/01/12(Mon)11:33:21 編集
ベルカンプさんへ
どうやら200オーナーの話では今の状態でフル装備にした時の車両重量は2.5tでこれ以上装備の追加ができないそうです。
確か200はワングレードですよね?
5.7は良いエンジンだと聞いています。
いっそ左で・・・www
今年も宜しくお願いします。
野村 2009/01/13(Tue)11:26:33 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 十日戎 HOME 七草 >>
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/18 おkb]
[09/30 林]
[12/03 白のR34GTR]
[09/17 野村]
[09/17 双子の兄]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Nomura
HP:
性別:
男性
職業:
エンジニア
趣味:
車・バイク
自己紹介:
どーもっ、APCの野村です。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
忍者ブログ [PR]